成田山川越別院本行院は、江戸時代末に

石川照温師によって開創されました。

師は文化二年下総国葛飾郡に農家の三男として生まれ

俗名を留五郎、仮名を一心といいました。

幼少より他国に出てさまざまな困難に逢うなど

頗る波乱に富んだ生活を送る中、両眼を失明し前途の希望を失い

自殺を計ること三度に及びましたが遂に果たされませんでした。

すなわち師は、己を捨てることの出来なかったのは、

神仏の未だ己を見捨て給わぬためであると固く信じ、

成田山新勝寺に於て、断食の行に入りました。

この修行で不思議にも見えなかった両眼に異変を感じて

少しずつ見えるようになって、遂に満願の頃には

ほぼ元通り平愈することができたのであります。

そのため不動尊の偉大なる加持力、また

大慈悲に心から感激した師は、一生を明王のために

捧げることを誓い、天保13年に成田山の貫首、照阿上人を慕って

出家得度しました。その時石川照温師は39歳でありました。

その後、照阿上人の許しを得てついに一念を発起し、

不動明王の御霊コを鼓吹するため諸国巡歴の旅に上がりました。

そして各地で師の徳を慕い集ってくるものが増し、

ここ川越の地に不動明王を安置して

師を住せしめんと、10数人の有力な地元の世話人達が

廃寺となっていた川越久保町の本行院を再興すべく

川越城主松平大和守に願い出て、その許可を得ました。

そして嘉永六年本行院の復興とともに

成田山貫首照輪上人が御本尊不動明王の

ご分霊を開眼し照温師に授与せられこれが

成田山川越別院の起源となりました。

成田山本行院と公称するようになったのは、

明治10年からで、従来の本行院の建物等一切を本山の管理に

移し、本行院は本山の最初の別院となりました。

これが、全国成田山別院の魁であり、初代の住職は照輪上人で、

歴代の本山貫首を兼務住職として迎えております。

年表

天保十三年 石川照温師は三十九歳で照阿上人を慕って得度する , 一念発起し諸国巡歴の旅に出る
嘉永六年 廃寺になっていた川越久保町本行院を再興し不動堂を移すべく御本尊を奉還する
明治六年 新本堂落慶
明治七年 四月に盛大な入仏供養大法要を厳修
明治十年 従来の本行院の建物等一切を本山の管理に移し成田山川越別院本行院と公称し本山の別院となる
大正年間 小谷野照芳主監が現本堂再建発願
昭和七年 新本堂落慶法要を厳修(書院新築)
昭和八年 荒木照定貫首を迎えて大開帳を厳修(土蔵新築)
昭和二十六年 田中照斉主監が着任し川越城の大書院を移した客殿の改築
昭和二十九年 再び荒木照定貫首を迎え開創百周年紀念大祭を厳修
昭和四十八年

松田照應貫首を迎え開創百二十周年紀念大祭を厳修  

平成四年 鶴見照碩貫首を迎えて開創百四十周年紀念大祭を厳修
平成十三年 開創百五十周年祈念事業「内仏殿建立」を発願

 

(C) 2001-2009  naritasan.net.All rights reserved.