平成15年4月に成田山川越別院は開創150周年を迎えました。


百五十周年紀念事業納仏殿完成
正面には皆様からご奉納戴いた五百体の木彫のお不動様がお祀りされています。
左右にも金と銀のお不動様のプレートが500体づつ納められております。
納仏殿本尊の大日如来

百五十周年紀念事業
納仏殿
1500体のお不動様が納められています
静観室(写経道場)
写経の詳細
八体仏
八体の仏様が納められております
ご自分の生まれ年の仏様をお参り下さい
弥陀の間
水子・先祖供養をおこないますご自由にお参りできます

 

成田山川越別院の開創は、嘉永6年(1853)照温上人が、地元信徒の要望に応えて
久保町本行院を再興すると共に、本山より中興第13世貫首照輪上人開眼の不動明王御分霊を
勧請して奉安したことに始まります。爾来140有余年にわたり連綿として法灯を護持し、
本尊不動明王の広大無辺の御威徳は十方に普き、ご信徒の皆さまから「川越のお不動さま」
として親しまれて、今や武州随一の不動尊霊場となっております。来る平成15年は
成田山川越別院にとって開創満150年の記念すべき年に正当いたします。
當山ではこの大いなる節目を迎え、ここに記念事業として内仏殿建立並びに本堂改修を
発願いたしました。内仏殿には大日如来をご本尊として、皆様からお預かりする1500体の
不動明王(奉納仏)、更には12支守り本尊の諸仏諸菩薩を奉安いたします。いつでも、どなたにでも
親しくお参りいただける仏閣であると共に写経道場、内観道場等も併設して、ご信徒皆さまの
心の拠り所、また社会不安等に対する心身の癒しの道場としてご活用いただきたいと
念願いたしております。ご信徒の皆々様には、ご本尊不動明王との
ご法縁をより深く結んでいただく機会として、この浄行達成のため何卒格別の
ご協賛を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

合掌至祷

        平成13年4月1日

 成田山川越別院  主監  石井照典


平成十四年九月本堂完成
詳しくは→click here

不動尊像奉安のお勧め
当山では開創満150周年記念事業の一環として内仏殿の建立を発願し、皆様に
不動明王御本尊のご奉納をお勧めいたしております。
ご奉納いただいた御尊像にはそれぞれにお名前を浄書し、内仏殿に奉安の上毎日
当山僧侶により懇ろに読経、法楽を棒げて永代に渉り皆様の現世、来世の
ご本尊不動明のご加護を祈念いたします。
どちら様にも、この勝縁を機にお不動様との尊い結縁の証として、
成田山内仏殿に御尊像をご奉安いただき、不動信仰に
一層のご精進をなされますようお勧め申しあげます。
3階納仏殿不動明王像
壁懸御本尊 特別壁懸御本尊 木彫御本尊

本堂釣り灯篭
本堂の天井にお奉りいたします。
下にお名前をお書きいたします。