「お子様の健やかな成長の為に」

着帯の儀(腹帯)

  懐妊して五ヶ月目に着帯の祝いをします。

  一般には犬の安産にあやかって戌(いぬ)の日に行ないます。


 

お七夜(命名式)

  出産後七日目にお七夜の祝いがあります。

  奉書に出生児の名前を書き、仏前や神前に供えて内祝いをします。


 

お初詣り

  男児は生後三十一日目に女児は三十二日目に赤ちゃんの健やかな

成長を願って神社仏閣に参拝する儀式です。

ご祈祷料

金5,000円也
(お名前入り御札・洒水加持・御供物・)

金7,000円也
(お名前入り御札・洒水加持・御供物)

金12,000円也
(お名前入り御札・洒水加持・御供物)

金22,000円也
(お名前入り御札・洒水加持・御供物)

ご祈祷は、お護摩(火を焚いてご祈祷)に合わせてですと11時と14時、
お経のみのご祈祷ですと9:00〜16:00の間随時行っております。
お護摩に合わせてご祈祷される方は当日、護摩10分前までに受付を済ませてください。


 

お食い初め

  生後百日目か百二十日目にお食い初めをします。

  赤ちゃんに初めてものを食べるまねをさせ この子が一生健康で食べるものに

困らないようにと親の願いを込めて祝う行事です。


 

初誕生日

  お餅をついて赤ちゃんに踏ませたり、背負わせて歩かせたりと

地方によってさまざまな祝い方があります。


 

初節句

  生後初めて迎えるお節句。

  一般に女児は三月三日(上巳の節句)に雛壇を飾って末長く幸せであるようにと祈る行事です。

  男児は五月五日(端午の節句)に古くから邪気を除くために菖蒲を軒にさしたり、

ちまき・柏餅などを食べる習わしがあり、鯉のぼりを立て

五月人形を飾って出世を祈り祝います。


 

七五三  

  三歳と五歳の男の子、三歳と七歳の女の子のここまでの成長を感謝し、

将来の幸福を祈って神社仏閣にお詣りする行事です。

ご祈祷料

金5,000円也
(お名前入り御札・洒水加持・守護矢・七五三御守り・千歳飴)

金7,000円也
(お名前入り御札・洒水加持・守護矢・七五三御守り・千歳飴)

金12,000円也
(お名前入り御札・洒水加持・守護矢・七五三御守り・千歳飴)

金22,000円也
(お名前入り御札・洒水加持・守護矢・七五三御守り・千歳飴)


ご祈祷は、お護摩(火を焚いてご祈祷)に合わせてですと11時と14時、
お経のみのご祈祷ですと9:00〜16:00の間随時行っております。
お護摩に合わせてご祈祷される方は当日、護摩10分前までに受付を済ませてください。


 

 大切な命の誕生から成長の過程で、いくつかの節目を迎えます。

その時々に生かされている喜びをご家族の皆様とお祝い下さい。